将来の学費のために安全性と利率の両方を満たす保険


子供が産まれてから、将来的に発生する学費のために貯蓄をしておこうと考え始めました。
といっても、「学資保険」と言われる商品は、利率に魅力が感じられず、他にもっと良い商品がないのかと探していました。
そこで、インターネットで自宅へ来訪していただける保険の外交員を見つけ、相談に乗っていただくことにしました。
何社かの外交員と話をして、一番信頼が置けそうだと感じた方に、学費の心配を打ち明けたところ、「低解約返戻金終身保険」が良いのではないかと提案をうけました。
外交員は、複数の保険会社の代理店をしていますので、一括で何社もの見積もりを行うシステムで顧客それぞれの条件に見合って、かつ一番有利な保険を選び出すことができます。
これは、保険会社の社員と違う代理店契約をしている外交員ならではの魅力と言えます。

そうして提案をうけたのが、メットライフ生命の「つづけトク終身」でした。
教育資金に特化した終身保険で、年間の支払い保険料は22万円ほど。
払込期間は15年で、予定としては大学の入学時に合わせて解約する計算で契約しました。
死亡保険金の保障額は600万円で、積立金の運用実績例表によると、10年ごとに更改される積立利益が常に年1.50%の場合は、15年支払った時点での返戻率はなんと107.6%でした。
現在の普通預金の利率から考えると驚異的な数字です。
といっても普通預金が低すぎるだけかもしれませんが。
せめて物価上昇率ぐらいはカバーできればと思っていたので、充分すぎる内容です。
15年の支払い完了時に解約をすると、払込金額が340万円ほどに対して解約返戻金は366万円ほどになります。
さらにそのまま大学進学の18歳まで運用しておけば、378万円になる計算です。
この保険は円建ての保険のため、解約時に為替による損益も発生しません。そのため、安心して必要な時が来ればすぐに解約することができます。

学費のための貯蓄ということで、安全面を一番優先すべきだと思っていたので、もともと定期預金や、個人向け国債なども運用の候補として考えていましたが、死亡保障もついてこれほど有利な利率が出るのであれば、選択肢はもうこれ一本しかありません。
すぐさま契約することに決めました。

今後、二人目の子供が誕生する予定なので、また低解約返戻金終身保険を利用したいと思っています。
割引が大きいので年払いにしていますが、支払い時期が被ってしまうと支払いが大変になるので、契約応答日を調整しながら契約しようと考え中です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です